ワンダーボックス 毎月届く「キット」の中身を徹底解説!

STEAM領域の新しい通信教育「ワンダーボックス 」は、毎月届くアプリとキットの組み合わせで、子どもたちの知的なわくわくを引き出します。

「アプリ」は、ワンダーボックスの公式サイトで「無料おためし版」をご提供していますが、「キット」に触っていただける機会は少ない(※)ため、たくさんのご質問をいただいています。そこで今回、「キット」の詳細をこの記事でご紹介します!

(※)2020/3/7現在、新型コロナウイルスの影響により、無料体験会は開催しておりません。オンライン説明会を開催予定ですので、ぜひお申し込みください。

<ポイント>

1. ボックスを開けた瞬間からはじまるわくわく!

2. ワークブック・トイ・ビッグペーパーの3点セット

3. デジタルとの「組み合わせ」で、リアルの体験がもっと豊かに!

4. 無駄なものは届かない、厳選された教材

1. ボックスを開けた瞬間からはじまるわくわく!

ワンダーボックスに申し込むと、毎月1日まで(※)に、ボックスが届きます。ボックスを開けると、フタの裏には…「なぞときクイズ」が!


クイズの答えが「アプリのかぎ」になっています。答えをアプリに入力すると…アプリの問題が、新しい月の問題に更新されます!

普通、通信教育は「毎日コツコツ、まじめにやるべき勉強」です。その頑張りも素敵なことですが、ワンダーボックスでは遊びのように取り組んでいたら、実はそれが大事なまなびになっていたという姿をめざしています。

届いた瞬間から「わくわく」が始まるにはどうすれば良いか、開発チームで知恵を出し合って制作しています。

※お申込み時期によっては、初回のボックスが1日よりも遅く到着する場合があります。

2. ワークブック・トイ・ビッグペーパーの3点セット

ボックスに入っている教材は、ワークブック、トイ、ビッグペーパーの3種類で構成されています。1つずつ詳しく見ていきましょう。

(1) ワークブック 「ハテニャンのパズルノート」

「ハテニャンのパズルノート」は、毎月異なるテーマの思考力問題が掲載されたワークブックです。

このワークブック、ただの問題集やドリルではありません。この教材の特徴は、問題を解く楽しみを存分に味わった上で、問題を作る(作問)ところまで楽しめることです。

作問は、とても創造的で、深い学びが得られる活動です。

良い問題を作り出すには、問題のポイントを理解した上で、解く人の視点を想像しながら、オリジナルの発想をすることが求められます。

また、問題作成者の視点に立つ経験をすることで、問題を解く上でも視野が広がったり、「自分も問いを生み出す側に回れるんだ!」という感覚を得ることもできます。

しかし、何のきっかけもなく作問に夢中になれる子はごく一部です。

そこで「ハテニャンのパズルノート」では、シールを使って手軽に問題を作るなど、ステップを刻んで作問に導きます

また、作った問題を写真に撮ってアプリ内の「ハテニャン」に送るとお返事がもらえる、素晴らしい作品はアプリ内で表彰されるなどのフィードバックを提供することで、子どもたちの「もっと作ってみたい!」という気持ちを引き出します。

「ハテニャンのパズルノート」は、毎月1冊、新しいものが送られます。「年中・年長(4〜6歳)向け」「小学校1-2年生向け」「3-4年生向け」の3つのバージョンに分かれていて、それぞれ問題や難易度が異なります。

3-4年生向けでは、大人でもじっくり考えてしまうような、歯ごたえのある問題も多数用意されています。

どのバージョンも「必ず解ける問題」から始まってだんだん難易度が上がり、最終的には作問に挑戦するという構成です。

(2) トイ(2020年4-6月は「シェイピー」)

ワンダーボックスの「トイ」は、子どもたちが手を動かして試行錯誤するための「シンプルな素材」と、思考力や創造性を引き出す「問題(あそび方)シート」のセットでお送りします。

そしてこの「トイ」も、アプリとの連携でさらに深く楽しめるようになっています。

「トイ」は3ヶ月ごとにテーマが変わっていきます。

2020年4〜6月は、平面図形をテーマとする「シェイピー」という教材が届きます。シンプルな図形ピースと、問題シートがボックスの中に入っています。

7月以降のテーマはまだ秘密ですが、「この素材で、こんな面白いことができるんだ!」という驚きをお届けしていく予定です。

「シェイピー」を詳しく見てみましょう。

まず4月号では、「3種類×3色、合計108枚の図形ピース」と「表裏8枚の問題シート」が届きます。

5・6月号では、新たな色・形のピースや問題シートが追加されることで、表現の幅がどんどん広がっていきます。
(5・6月号開始の方でも問題なくお楽しみいただけますので、ご安心ください。)

問題シートでは、タングラムのように組み合わせて与えられた図形を作るだけではなく、
「限られたピースで星を隠す」
「ピースが隠れられる場所を探す」
「雨に濡れない方法を考える」
のように、お子さまが新たな角度で考えたくなる、思わず自分らしいアイディアが湧いてくるようなお題を提示しています。

シェイピーの「図形ピース」「問題シート」は学年共通ですが、もっとたくさんやりたい、さらにレベルの高い問題にチャレンジしたい、というお子さま向けには、アプリの中で追加問題も出題されます。特に3年生以降のお子さまは、アプリ内の発展問題に挑戦するのも良いですね。

子どもたちがわくわくしながら生み出した作品は、どれも素敵な作品です。それらの作品は、写真に撮ってアプリのアルバムに保存したり、ほかの人と共有したりでき、ユニークな作品は表彰されることもあります

ほかの人の作品を見ることで、「こんな作品を作ってみたい!」と、新たな視点を得ることもできます。アプリを使ったフィードバックにより、子どもたちの創作意欲を引き出します。

(3) ビッグペーパー

「ビッグペーパー」はその名の通り、B1サイズの、お子さまがすっぽり隠れてしまうほど巨大なシートです。おもて面は巨大迷路、うら面はトイ(4-6月は「シェイピー」)で使える創作用の背景になっています。全学年共通の教材です。

ご家庭では、子どもたちが模造紙以外の大きな紙に出会うことは少ないと思います。子どもは「大きい」というだけで通常の何倍もわくわくが引き出される生き物です。ビッグペーパーは、そうした子どもの特性を捉えており、全身を使って試行錯誤する楽しさを味わうことができます。

おもて面の巨大迷路には複数のスタート・ゴールがあるだけでなく、ミニクイズやウラ要素もたくさん隠れています。保護者の方もご一緒に、隅々まで楽しんでいただけます。ごきょうだいやお友達どうしで遊ぶのも良いですね!

うら面の使い方は自由!例えばシェイピーを使えば、こんな風に巨大なキャンバスに早変わり。自由な発想で、自分だけの楽しみ方を発見できます。作った作品は、もちろんシェイピーのカメラでパシャり!

3. デジタルとの「組み合わせ」で、リアルの体験がもっと豊かに!

ここまでご紹介したように、ワンダーボックスのキットは、アプリと組み合わせることで、
「もっと手を動かして試行錯誤してみよう」
「もっと新しい作品を作ってみよう」
「もっとハイレベルな問題にチャレンジしよう」
という意欲が何倍も引き出されます。

ご家庭にいながら他の人の作品を見て新たな視点を吸収できたりと、リアルの体験がより深いものになるようデザインされています。

学校や塾であれば、子どもたちの意欲を引き出す声かけ(フィードバック)をするのが、教育のプロである教員の役割ですが、ご家庭では、保護者の方がつきっきりというわけにはいかないと思いますし、日々の生活の中で、お子さまの素敵なところを認めるフィードバックをしきれない時もあるかと思います。

ワンダーボックスでは、デジタルでのフィードバックを活用することで、ご家庭でも無理なく、子どもたちに豊かな体験を提供していきます。

  

4. 無駄なものは届かない、厳選された教材

最後に、ワンダーボックスでは、子どもたちに楽しんでもらう価値のある教材を厳選してお届けします。

ワンダーボックスの開発にあたって多くの保護者の方にお話を聞きましたが、「家にモノが溜まって困る」というお声をたくさんいただきました。

また、資源や環境の観点からも、デジタルだけでなく、あえてモノをご家庭にお送りするからには、その意味があるものを厳選したいと考えています。

そのような経緯から、お送りするキット教材は、基本的には上記の3種類(ワークブック、トイ、ビッグペーパー)に絞っています。

ごきょうだいで受講いただく際は、「ワークブック」のみ、受講するご人数分をボックスに入れてお届けします(※)。ワークブックは内容が学年別に分かれており、また、誰かが一度書き込むと使えなくなるためです。

キット教材の全てが2つ・3つ届くわけではなく、無駄な重複を省いています。その分、2人目以降の受講料金は毎月1,850円/人と、お1人目よりも安く設定されています。

※月によって「トイ」の「問題シート」が人数分届く場合もあります。

また、お届けする「ボックス」本体も、工作に使えるようになっています。もちろん教材の保管にご利用いただいても構いませんが、溜まってしまいそうでしたら、ぜひ子どもたちの創作に活用した上で、廃棄してください。

ビッグペーパーも、遊び尽くしたあとにどう使うか、子どもたちに自由に考えてみてもらうのも素敵ですね。

以上、ワンダーボックスの「キット」のご紹介でした。

さらに気になることがありましたら、ぜひワンダーボックス公式サイトのQ&Aより、お気軽にお問い合わせください。多くいただいたご質問は、こちらの記事にも反映してまいります!

▼▼▼ 関連記事 ▼▼▼

STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」ってどんな教材?
ワンダーボックス 「シンクシンク」との違いを解説!

▼▼ワンダーボックスのお申し込みはこちらから!▼▼

ワンダーボックス公式サイト



The following two tabs change content below.
ワンダーラボ
ワンダーラボは、子どもたちが本来持っている「知的なわくわく」を引き出すためのコンテンツを開発・運営しているEdTech(教育テック)のスタートアップ企業です。算数オリンピックの問題制作なども手がける、思考力教材製作のパイオニアです。 2017年にリリースした「シンクシンク」はこれまでに100万人の子どもたちが使い、Googleによって世界TOP5に選ばれるなど、世界で高い評価を得ています。 2020年2月、社名を花まるラボからワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の家庭学習教材「WonderBox」を発表しました。