新型コロナウイルス、子ども向け教材をつくる私たちにできる5つのこと|ワンダーラボ株式会社

(4月1日、情報を更新しました)
(2月28日、無料オンライン授業開催を追加しました)

新型コロナウイルスの影響で、イベントの自粛、休校要請など、特にお子さまがいらっしゃるご家庭は、不安な日々過ごされている方も多いことと存じます。

私たちも、STEAM教育の新しい通信教育サービス「ワンダーボックス」を2月に発表し、4月からのサービス開始に向け、一人でも多くの方に、一生懸命作ってきたサービスを知っていただこうと、3-4月はたくさんの体験会イベントなどを予定していました。しかし、この状況下、少なくとも3月いっぱい、全てのリアルイベントの中止を決定しました。

そして改めて、保護者の皆さまのお気持ちや、お子さまの安全を第一に考え、「ご家庭で過ごされているお子さまに、今、私たちにできることは何か」を考えました。

本日発表させていただいたシンクシンクの1か月の無償提供に加え、問題集の無償提供など、ささやかではありますが、私たちにできることをさせていただきます。少しでも、ご家庭で過ごされる時間が「知的でわくわくした時間」となるきっかけになれば嬉しく思います。

1. (終了)知育アプリ「シンクシンク」を有料コンテンツ含め、1か月、全世界に無償提供

(4月1日より、通常運営に戻っています。たくさんの方にご利用いただき、誠にありがとうございました。4月1日以降の運営については、ぜひこちらもご覧ください)

3月1日から3月31日の間、シンクシンクの有料コース向けを含めた全コンテンツを、全世界の子どもたちに無償提供します。

既存の有料コース会員の皆さまについても、この期間の利用料については返金させていただきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

これから長い間、お家にいることになるかもしれないお子さまにとって、「毎日の楽しみ」にしていただけるようなアプリだと自負しています。学力やIQへの効果も実証されています。

また、1日3プレイで自動的に終了するので、やり過ぎも防げて、保護者の皆様にも安心していただけます。

せっかくの機会ですので、ご家庭で過ごしていらっしゃる多くの方にご利用いただきたく、ぜひ、ご友人にご紹介いただいたり、SNSなどでも拡散していただければ嬉しく思います。

(ユーザー数については、アプリの仕様上、各コースの従来のユーザー数のままとなりますので、ご了承ください(無料の場合は1ユーザーのみ))

2. 家庭学習に利用できる問題集を無償提供。どなたでもダウンロード・印刷可能です。

主に5-10歳を対象にした、思考力を育てる特別問題集を、無償配布させていただきます。これまでに、イベントや特典などで特別に配布していたものです。こちらから、どなたでもダウンロードいただけます。PCでの閲覧・印刷をおすすめします。
シンクシンク同様、考えることに楽しく没頭できるような、直感的なパズルや迷路がたくさん詰まった100問構成です。
一気にやってもよし、毎日の楽しみに、少しずつ取り組んでもよし。それぞれの楽しみ方で、遊ぶように取り組んでみてください!表紙はぬり絵としてもお使いいただけるようになっています!

(個人でのご利用に留めていただきますようお願いします。お友達の分も含めて印刷して配布、などはぜひどうぞ!)

3. 毎日1問、世界レベルの算数大会の問題制作チームによるオリジナル問題を投稿。じっくり頭を使って考える時間を提供します。

上記1. 2. で提供させていただくシンクシンクや問題集は、迷路やパズルのように、シンプルなルールの問題が中心でしたが、1問に向き合って「じっくりと」考え抜く問題も、ぜひご提供させていただきたいと思います。3月1日から1ヶ月間、選りすぐった31問をこちらで公開中です。

こちらも、様々な場所で公開・提供してきた問題の再利用とはなりますが、ご自宅での学びや遊びの中に、日々の習慣として取り入れていただけたら嬉しいです。

ちなみに、全部解ける必要は全くありません。大人でも解けないような良問もたくさんあります。考えたこと「自体」を褒めてあげてください。

4. (終了)オンライン無料”ミニ”授業の開催

毎週行なっている研究授業のノウハウを活かして、思考力や感性などを伸ばす、無料のミニ授業を開催することにしました。

私たちも経験のないオンライン授業、かつ、準備期間も長くない中で、どこまで子どもたちの知的な躍動を引き出せるか、未知数な部分もありますが、できる限り、複数回のシリーズ化していきたいと考えています。一生懸命準備します。
参加方法などはこちらの記事にまとめています。

5. 体験イベントのオンライン開催への切り替え

新しいSTEAM教育の通信教育サービス「ワンダーボックス」の体験会を、3-4月にかけて、各地で開催予定でしたが、全てオンラインでの説明会に切り替えさせていただきます。録画ではなく、できる限りライブ配信で、皆さまに直接生の声をお届けしたいと考えております。

こちらよりご参加登録いただければ、配信をごらんいただけるURLをお送りします。ワンダーボックスにご興味を持っていただいていた皆さまはぜひご検討下さい。

また、元々の体験会にご参加いただくことが難しかったエリアの皆さまも、ぜひこの機会に、オンライン体験会(説明会)にご参加いただければ嬉しく存じます。

サービスの魅力や熱量を、できる限りお伝えできるよう、工夫しながら準備させていただきます。

終わりに

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

今回のシンクシンクの無償提供は、決して大きな会社ではない私たちにとって、売上や、システムや返金対応などを考えると、容易な決断ではありませんでしたが、メンバーの総意として、ぜひやりたい、ということで実施を決めました。

そんなわけで、スピード重視の発表となり、具体的に詰めきれていないところもありますが、できるだけスムーズな実施を心がけますので、至らない点がございましたら、ご指摘いただければ嬉しく存じます。

こんな時だからこそ、それぞれが、それぞれのできる範囲で、想像力を働かせて、できることを提供し合えたら素敵だなと思います。私たちも、引き続き、他にできることがないか考えていきます。

1日でも早く状況が好転することを祈りつつ、一企業として果たすべき責任を果たして参ります。

The following two tabs change content below.
ワンダーラボ
ワンダーラボは、子どもたちが本来持っている「知的なわくわく」を引き出すためのコンテンツを開発・運営しているEdTech(教育テック)のスタートアップ企業です。算数オリンピックの問題制作なども手がける、思考力教材製作のパイオニアです。 2017年にリリースした「シンクシンク」はこれまでに100万人の子どもたちが使い、Googleによって世界TOP5に選ばれるなど、世界で高い評価を得ています。 2020年2月、社名を花まるラボからワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の家庭学習教材「WonderBox」を発表しました。